夫婦共稼ぎのすすめ

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 21:36

 

 

人生100年の時代。

しかも、想定外の事態がいつ起こるかもわからない時代です。

長生きリスクなどという言葉も聞きます。

最大のリスクヘッジは収入口を増やすことだと言えるでしょう。

とは言っても、もちろんお金だけの問題ではなく多様な価値観もありますから、

一概に夫婦共稼ぎをすすめるわけではありませんが、夫が一人で年収1000万円稼ぐのと、夫婦で合わせて年収1000万円稼ぐのとでは、どちらが世帯年収が多いかを比較してみたいと思います。

 

以下は、都内在住の30〜39歳の夫婦を前提で算出したものです。

夫が年収1000万円、妻は専業主婦で収入なしの場合、世帯手取りは744万円。

この額を基準として比較していきます。

 

夫500万円、妻500万円で合わせて世帯年収1000万円の場合、世帯手取りは780万円となり、,茲蝪械極円増。

夫600万円、妻400万円で合わせて世帯年収1000万円の場合、世帯手取りは777万円となり、,茲蝪械核円増。

夫700万円、妻300万円で合わせて世帯年収1000万円の場合、世帯手取りは766万円となり、,茲蝪横暇円増。

 

つまり、夫が一人で1000万円稼ぐより、夫婦で合わせて1000万円稼いだ方が、世帯年収としては多いのです。

 

収入口が一人より二人となる方が、リスクヘッジともなり、世帯収入もアップすれば家計にゆとりが出て、貯蓄も可能となります。

現役で働ける年齢のうちに収入を増やして貯蓄することは将来の安心生活設計に直結します。

妻も外に出て働くことで世界が広がり、生きがいを得ることにもつながるのではないでしょうか。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM