自分の人生も100年?

  • 2018.10.21 Sunday
  • 20:44

JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方

 

人生100年時代というけれど、自分が100歳まで生きることは考えにくい気がしてなりません。

本当に100歳まで生きる可能性が高いのでしょうか?

 

厚生労働省の「平均寿命の年次推移」を見ると、平成29年度は男性81.09年、女性は87.26年となっています。

女性は平均6年くらい男性より長生きするんですね。

高齢者の6年がどのくらいの長さのなるのか、あまり想像がつきませんが・・・。

 

ただ、この数字は実は平成29年に生まれた人の平均寿命なんです。

厚生労働省の「主な年齢の平均余命」というのを見ると、平成29年の0歳が男性81.09年、女性が87.26年なんです。

 

平成29年に60歳となり定年を迎える人の余命は、男性が23.72年、女性が28.97年です。

つまり、男性は83.72歳、女性は88.97歳ということになります。

まあ、60歳まで生きてくることができたので、この先の余命はこの調子だとこのくらいになるということですね。

まだ0歳では、これから命を脅かす出来事がいろいろ起こりうるからでしょうか。

でも、今0歳の人が60歳まで生き続けた後の平均余命は40年くらいとなり、100歳は超えて生き続けることになるのでしょうね。

 

つまり、今の自分も100歳まで生きるのだと思い込むのはやっぱり少し違うのかもしれません。

ただ、これまでの人生の長さに比べて、残された時間は確実に短くなり、指の間を砂が零れ落ちていくように、少しずつ少しずつ失いながら生きていくのなら、どういうふうに残った時間を生きていくのか、考えずにはいられません。

 

楽しみを感じながら、誰かの役に立ちながら、明るく、負の感情にとらわれることなく、決して淀まない水のように、清らかな気持ちで生きていければ・・・と思います。

そのために、生きがいも安心も必要でしょう。

このブログでは、安心の部分を考えていきたいと思います。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM